カテゴリ:水辺部会( 75 )

亀の研究で有名な矢部先生にナンバリングの実地指導を受けました

8月18日(土)は亀の研究者特にフィールドワーク第一人者として活躍中の矢部教授(愛知学泉大学)より直接、実地指導を受けました。
まずは大きさの測定です。背甲長をノギスで測定しているところです。
b0175921_07042045.jpg
次は腹甲長を測ります。お腹の方が短いのですね。
b0175921_07041606.jpg
あとは、体重を測り、オス・メスの区別を確認します。尻尾の太い部分に穴が有りますこの中に性器が隠れています。
この穴の位置が甲羅より外にあれば♂です。上の写真から判定すると♂ですね。
次はナンバリング:油性ペンで番号を書いていましたが1か月もすると剥がれて消えたので甲羅に穴を開ける方法です。
b0175921_07043218.jpg
まずは先生がお手本を見せてくれました。亀の手を動かないように押さえます。先生は簡単にササッと開けましたが自分が
行うと亀がイヤイヤをするので大変です。抑える部分があるのですね。穴の位置は肩の部分6ヶ所と尻尾の部分10ヶ所が
あり、穴が開いた場所で番号が特定するのです。上手に開けないと亀を傷つけてしまうので注意!しなければなりません。
亀の飼育経験が長く、繁殖も実績がある伊吹ちゃんも恐る恐る自分のカメにナンバーを開けました。
b0175921_07044225.jpg
ヒカル君は矢部教授に色々な質問をして、ノートに記録しています。
b0175921_07040910.jpg
その他には、イシガメとクサガメの見分け方、交雑種はどうすべきか?今は数少ないイシガメをどのように増やしていく
べきか? 外来種の駆除はどのようにすると良いのか? 色々な知見を教えて頂きました。最後は揃ってハイ。チーズ。
b0175921_07570659.jpg
矢部先生、田村先生、忙しい中こちらまでお越し頂きまして、本当に有難うございました。

[PR]
by higashiura-satoy | 2018-08-25 08:00 | 水辺部会 | Comments(0)

草刈り後はソウメン休憩

梅雨の晴れ間に草刈りをしました。
1時間もすると、汗だくになり、ガソリンもなくなりましたので休憩です。
b0175921_14123804.jpg
そろそろ休憩しませんか~                                                     
b0175921_14043283.jpg
小川の水面に刈った草が溜まると、水の流れが悪くなりますので、川面の掃除をします。
b0175921_14051526.jpg
今日は強力な助っ人が来てくれました。もう、持ち場は終了したので一休み。
b0175921_14061896.jpg
刈った後はこんなに スッキリしました。
b0175921_14052534.jpg
b0175921_14053763.jpg
さあ、みんなでソーメンを食べましょう~ 汗をかいた後は冷たいソーメンが美味いのです。
b0175921_14052149.jpg
池の周りには小さめの黒いトンボがいました。近づくと逃げますので、遠くからズームアップするのですが
中々ピントが合いません。
b0175921_14040614.jpg
どうやらハラビロトンボのようです。
b0175921_14040979.jpg
こちらはベニシジミです。
b0175921_14041463.jpg
ネジバナが咲いていました。
b0175921_14040185.jpg
これは田植えの時に5mmくらいの虫が泥の中で動いているのを捕まえて、撮ったものです。
b0175921_14035042.jpg
姫タイコウチかと思ったのですが・・・コオイムシの幼生のようです。 



[PR]
by higashiura-satoy | 2018-06-25 14:37 | 水辺部会 | Comments(0)

6月は草の成長が早いので大変です

b0175921_17423148.jpg
数日前はセイタカアワダチソウが繁茂していました。今日は草刈りです。
b0175921_17442425.jpg
小川の両脇を草刈りしました。
b0175921_17434885.jpg
小田さんは、草藪の中でもドンドン入って草刈りに夢中です。
b0175921_17444181.jpg
尾崎さんは刈草を1か所に集めて、後片付けをしてくれました。遠藤さんは初草刈りです。
b0175921_17451526.jpg
1時間半後はこんな状態になりました。
b0175921_17510609.jpg
森のカフェでは竹灯篭の仲間が休憩中なので、一緒に話し込みに加わりました。
b0175921_17454892.jpg
b0175921_17460709.jpg
ドラゴンズのタオルがお似合いですが、昨日は逆転負け・・・今日こそ
b0175921_17460387.jpg
オオシオカラトンボの♂が縄張りを守って、♀の来るのを待ってます。
b0175921_17560068.jpg
カノコガが車のドアに止まってました。本日これまで~
b0175921_17432009.jpg


[PR]
by higashiura-satoy | 2018-06-16 18:09 | 水辺部会 | Comments(0)

田植えしました。

6月2日に田植えをしました。ジャパンディスプレーの助っ人が7名来てくれました。
彼らは、企業の地域貢献として無農薬・無肥料で栽培する稲作をすることが里山の水辺に棲むカエル・トンボ・タニシ・
ゲンゴロウなど色々な種類の生物が数多く繁殖できる環境を整備することにつながるのでボランティア活動に来てくれました。
これがナント6年前から毎年お手伝いに来てくれますのでとても助かります。本当に有難うございます。
それに水辺の会員6名と片把小学生(飛び入り)1名の総勢14名で行いました。
紐を張って、直線に並び苗を植えたら一歩下がり、紐を30cm移動してまた苗を植えます。ハイ、スタートです。
b0175921_16402331.jpg
1時間半で最後の列を植える時は、カメラに向かってハイ、ポーズ!
b0175921_16403137.jpg
植えて数日するとこんな感じでした。
b0175921_16433812.jpg
b0175921_16434160.jpg
田植えが終わって、一休みです。春口さん手造りのアンコ入りパンケーキを皆で食べました。うま~いね!
b0175921_16423197.jpg
冷たいお茶もあるでよ~
b0175921_16410766.jpg
翌日は残りの田圃を代掻きしました。手伝ってくれたのは神谷町長と奥さんです!いつものことで感謝!
b0175921_16431669.jpg
b0175921_16432234.jpg
b0175921_16432983.jpg
これで、今週末には残りの苗を田植えをします。品種はコガネモチです。
b0175921_17210921.jpg
みなさん、お疲れ様でした。秋には稲刈りをお願いします~。


[PR]
by higashiura-satoy | 2018-06-06 17:24 | 水辺部会 | Comments(0)

東浦町自然環境学習の森で田植えをしよう!

今年も田植えの季節がきました!
農薬も化学肥料も使用しない自然に任せた作り方をしています。
機械がないので人の手で田んぼを平らにしてから田植えをします。
みなさん、どうぞお出掛け下さい。初心者でも大歓迎です。

期日:6月2日(土)9:00~
場所:東浦町環境学習の森
申し込みなどは不要です。当日直接田んぼへお越しください。


写真は昨年の田植えです。
b0175921_1727553.jpg

ちびっこも参加してくれました

b0175921_17284050.jpg




子供も大人も、思いっきり泥んこ遊びができます♪
汚れても良い服装で来てください。日焼けしますので帽子も持ってきてね。
思った以上に大人も子供も泥んこになるので、ぜひ着替えとタオルはご用意ください。


★昨年の田植えの様子はこちら→https://hsatoyama.exblog.jp/26902461/ (2017/6/4)

★東浦町役場HP『自然環境学習の森』はここをクリックしてください。

★場所はこちら

★東浦自然環境学習の森施設案内図
b0175921_18463550.png


[PR]
by higashiura-satoy | 2018-05-30 14:56 | 水辺部会 | Comments(0)

3月17日には里山講座を開催しました

3月17日(土曜)の午前に文化センターで在来種の保護というテーマで里山講座を開きました。
東浦でもミシシッピアカミミガメが明徳寺川やため池を占領して、在来種は見当たりません。
b0175921_14581751.jpg
里山での活動は竹林部会、竹灯篭部会、水辺部会、フォレスター(雑木林)部会、生き物部会が
それぞれ、里山の環境整備・生物の多様性を維持・自然に親しんで色々学びながら楽しんでいます。
今回は池の水を全部抜いて、外来種を駆除し、池を掃除して、新しい水に入れ替えて在来種を戻す。
という活動をテレビで放映していましたが・・・果たして何人の人が参加してくれるか?心配していました。
でも、当日はなんと61名の人が参加してくれました。みなさん有難うございました。感謝!感激!
講師は岐阜大学の動物繁殖学研究室の楠田哲士准教授にお願い致しました。
b0175921_14564733.jpg
皆さん、真剣に聴いて頂き、子供さんも7名が参加をしてくれました。ホント嬉しかったです。
日本の在来種はカメの場合は石亀とスッポンのみだそうです。このままでは絶滅してしまいそうです。
愛知県にはまだ、石亀はわずかに生き残っているので何とか増やす努力が必要なので一般の人にも
理解して頂き、ペットを飼うならば最後まで面倒を見てください。
決して近所の川や池に放流してはいけません。という内容でした。
また、鯉は外来種で何でも食べるし、悪い環境でも生き残り、在来種は琵琶湖の一部にしか生息できていない。
日本人は鯉に対しては良い感情を持っていますが、外国では嫌われているということも知りました。
b0175921_14572739.jpg

講座が終わって数日後に連絡があり、知多市の親子が水辺の会員になって一緒に活動してくれる
というおまけもありました。頑張らなくっちゃ!


[PR]
by higashiura-satoy | 2018-04-25 16:01 | 水辺部会 | Comments(0)

3月になると春の景色に変化しています。

昨日・今日と穏やかな天気が続き、里山は春めいてビオトープ区域は緑がかって来ました。
b0175921_17015703.jpg
木道脇の池は昨日、深堀しました。
b0175921_17022018.jpg
今日は、ヒキガエル池の掃除をしました。
b0175921_17011678.jpg
でも、少し遅かったようで、すでに産卵が済んでいました。
b0175921_16565710.jpg
小田さんは、小川の西岸の笹切りをしました。

b0175921_17012000.jpg
今日は、春口さんが差し入れサンドイッチを持ってきて、みんなでご馳走になりました。美味しかったです。
b0175921_16571594.jpg
つくしもボチボチ出始めたようです。
b0175921_16555420.jpg
すみれも咲いています。
b0175921_16572433.jpg
野イチゴの花(黄色もあるのですね)のようです。
b0175921_16572923.jpg
ルリタテハが飛び回り、陽に当って温まった木道に止まりました。
b0175921_16562383.jpg
ハンの木も芽吹いています。
b0175921_16564489.jpg
池では外来種のカメが甲羅干しをしています。
b0175921_16573328.jpg

[PR]
by higashiura-satoy | 2018-03-11 17:52 | 水辺部会 | Comments(0)

デンソー学園のボランティアが里山に応援に来てくれました。

2月18日はデンソー学園から30名のボランティアが応援に来て、水辺・竹炭・竹灯篭の3部会に分かれて作業に精を出しました。
メンバーは野焼きをしながら、焼き芋を手にして笑顔いっぱいです。
b0175921_22574186.jpg
先ずは池掘りです。
b0175921_23045160.jpg
別のメンバーは刈草を集めて、野焼きをしました。
b0175921_23022348.jpg
b0175921_23044482.jpg
b0175921_22583182.jpg
池は大きくなりました。
b0175921_23005299.jpg
b0175921_23000836.jpg
お昼になると気温も上がり、道には縞ヘビが日向ぼっこしています。
b0175921_22585346.jpg
最終的には、ビオトープはこのように深堀となりました。
b0175921_23013115.jpg
下の池は古い池で、上の池が今日掘った池です。今年の夏は干上がらないと思います。
b0175921_23210804.jpg

[PR]
by higashiura-satoy | 2018-02-18 23:26 | 水辺部会 | Comments(0)

冬場はビオトープ整備です

2月は浅い池が乾燥して下の写真のように湿地になってしまいました。
b0175921_23150440.jpg

ここを掘りました
b0175921_23143247.jpg
まだ浅いのですが掘ると水が溜まってきますので20cm程度掘って様子を見ます。
b0175921_23150944.jpg
仲間は草刈りです
b0175921_16071219.jpg
b0175921_16065853.jpg
b0175921_16073100.jpg
b0175921_16072289.jpg
藪でも臆せずに草刈りに精を出すのは小田さんです。母は強し。
でも適当なところで休憩です。無理すると節々がいたくなりますので。
b0175921_16190636.jpg
冬は鍋が美味い、今月も簡単でうまいラーメン鍋です。
b0175921_16191139.jpg
迫田さんがノンアルビールを持ってきてくれました。ゴチソウサンで乾杯!
b0175921_16081270.jpg
隼太郎は竹で梯子を作るとか、上手くできたらオナグサミ。
b0175921_16191518.jpg
あとは、ああでもない!こうでもとおしゃべりで終わりました
b0175921_16191968.jpg




[PR]
by higashiura-satoy | 2018-02-17 16:02 | 水辺部会 | Comments(0)

草刈後はラーメン鍋を楽しみました

枯れ草を刈って、集めるとこれだけありました。
b0175921_22450273.jpg
これを燃やして焼き芋ができますが、今日は専用の燃やす場所まで、運びます。
リヤカーよりもブルーシートの方が枯れ草なら軽いので効率よく運べます。
b0175921_22452173.jpg
終わったので、ラーメン鍋です。
各自が好きな即席ラーメンを持ってきて、鍋に入れ、野原に生えてるセリ、ヨモギ、ムカゴなど
何でも入れると、とんこつ、味噌、醤油、塩が渾然一体となり、えもいわれぬ味になります。
b0175921_22454124.jpg
するとこんな顔になります。
b0175921_22455184.jpg
インスタ映えの自撮りです
b0175921_22461777.jpg
食べ終わり、後片付けが済んだら、丁度 雨が振り出しましたので、お開きとなりました。

その数日後、草刈していたら、気づかずに落としてしまったカヤネズミの巣(ごめん)を見つけました。
b0175921_23411993.jpg
ハクセキレイは草刈が終わるとすぐに現れて餌を探しています。
b0175921_15355235.jpg
ビオトープの維持管理も体力があるうちは良いのですが・・・・腰が痛くなるので無理が効きません。
b0175921_15362589.jpg

[PR]
by higashiura-satoy | 2017-12-14 23:02 | 水辺部会 | Comments(0)